債務整理のデメリット

借金が膨らみ返済に息詰まるとやはり逃げ出したくなる気持ちは理解出来ます。ただし安易に債務整理の任意整理や自己破産は考えない方がよいと思います。

 

借金で悩む人

 

というのは弁護士介入の任意整理や自己破産には、メリットもデメリットもあるからです。

 

 

メリットは現状の支払いを免除や返済額の減額で精神的にも経済的にも大きく負担が軽減されます。

 

 

弁護士へ依頼や裁判所へ依頼した時点ですべての支払いの催促がなくなりますから精神的にかなり楽になるでしょう。いわばゼロからやり直す事が出来ます。

 

 

デメリットとしては破産も任意整理でもそれぞれの個人事故情報が信用情報センターに消費者金融で10年間で銀行やクレジット会社は企業にもよりますが、5年から10年間ぐらいは登録されます。
 
 
いわゆるブラックリストと呼ばれるものですね。

 

⇒ 消費者金融のブラックリストにのるとお金を借りられない?

 

 

任意整理でたとえ弁済済になっても弁護士が介入した時点で事故情報となりますのでこの期間は消去されません。

 

 

この事故情報はすべての金融機関が照会できますので、今後の人生設計においてクレジット、キャッシング、カーローン、住宅ローン等が必要になった時には、その情報が登録されている約10年間は新規の借り入れが難しくなります。

 

 

弁済済情報であれば一部融資可能な場合もあるようですが..。参考までになりますが住宅ローンの申し込みの際配偶者の事故情報がきっかけで融資が出来ないというケースがありました。

 

 

本人だけでなく家族を巻き込む事もケースがあります。自己破産に関しては破産管財人が付き持家.預貯金などの私有財産はすべて失います。

 

 

ただし、借金がある状態では利息の返済に追われ、その日の生活にままならないという方や、消費者金融から毎日かかったくる督促電話がもう耐えられないという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そのような場合には、借金問題解決のプロである弁護士の先生にまずは相談をされてみるのがおすすめです。

 

 

無料で相談が可能な弁護士さんは次のページでも、紹介していますので、そちらもご参考にしてください。

 

 借金支払いの督促電話を止める3つの方法