消費者金融のブラックリストの真実

『消費者金融やクレジットカード会社のブラックリストにのるとお金を借りることが出来ない』という情報は有名ですが、その真意について紹介します。

 

お金を借りる

 

まず最初に言っておきますが、「現実に『ブラックリスト』は存在していない」という事を理解してください。

 

 

しかし、実際に特定の理由でお金を借りることが出来ないと言う方が存在しているのも事実です。ではいったい何が原因でそのようになるか説明します。

 

 

例えばキャッシングやカードローンを利用した場合、その状況は定期的に『信用情報機関』に登録されます。健全な利用をしている時は登録する情報が無い為、何も登録されませんが、遅延や延滞があった場合はその事実が記録されるんですね。

 

 

この内容は5〜10年程度は残るため、悪い情報が登録されていると、その会社だけでなく他社とのクレジットや借金契約が出来ない状況になってしまいます。

 

 

多くの場合はこの状況になる事を「ブラックリストにのる」と表現しています。

 

 

ただし、仮にこの情報が抹消された後も利用した会社の中にはその事実が超長期的に残ってしまう可能性もあるため、その場合は系列を含めて利用が制限されてしまう可能性もあります。その点を含めると「ブラックリストは存在する」と言えなくもないです。

 

 

また、これ以外にもブラックリストと呼ばれる状況があります。それは『申し込みブラック』と呼ばれるものです。

 

 

これは「短期間に申し込みを複数行う事によって、審査に通らない状態になる」事を指します。

 

 

審査において、個人の信用を判断するために信用情報機関を利用するのですが、ここには前述の通り取引実績が登録されるほか、「申し込みの事実」も登録されます。

 

 

これにより、短期間に申し込みが複数成されると「前回の審査に落ちたので、状況が良くない(お金が無い)」と言った判断をされてしまい、審査を通過できなくなってしまう状況になるわけです。

 

 

申し込みをブラックを避けるための手段としては、前回の申し込みから最低でも半年程度の期間を空けて申し込みをする必要があります。

 

 

以上が一般的に金融系で言われているブラックリストの真実です。誤った情報に左右されずに、正しい知識を身に着けるようにしましょう。

 

消費者金融の督促電話を止める3つの方法はコチラ