個人再生のメリット

借金の返済が不能になったときの対応手段として、弁護士や司法書士に自己破産をお願いするケースがあります。自己破産は申し立て、裁判所から認められるとすべての債務の返済義務が無くなくなるという制度です。ただし、少額の預金や家財道具は除いて、家などの高額な財産はすべて失うことになるため、デメリットもある手法と言えます。

 

 

そこで、折角苦労して手に入れた家を失いたくない場合、債務者が定職に就いて安定的な収入があるなら、自己破産ではなく、「個人再生」を選択した方が得策です。

 

家

 

 

通常、債務整理を行うと、ローンの残っている住宅に関しては抵当権者が回収することになりますが、個人再生では住宅を債務整理の対象から外すことができるため、住宅はそのまま所有できます。

 

 

ただし、ローンが残っていた場合、ローンの残債は減額されないため、従来通りの返済をしなければなりません。

 

 

そして、個人再生では債務者が3年間で返済しなければならない最低弁済額が決められています。

 

 

例えば、総債務が100万円以下の場合の減額は一切無く、総債務が100万円〜500万円以下の場合の最低弁済額は100万円、500万円〜1,500万円以下では債務額の5分の1、1,500万円〜3,000万円以下では300万円などとなっています。

 

 

なお、個人再生には「清算価値保障の原則」という規定があり、自動車や古美術品など、所有している財産の現在の価値が最低弁済額よりも上回る場合は、上回った分の金額を加えて返済しなければなりません。

 

 

例えば、最低弁済額が100万円だったとしても、120万円の価値のある車を所有していた場合は、弁済額を上回った20万円を上乗せして返済しなければならないんですね。

 

 

それに債務整理のような借金問題の場合、消費者金融のようなお金のプロを相手に進めなくてはいけませんので、こちらも借金問題解決のプロである弁護士や司法書士に相談をして進めていくのがおすすめです。

 

 借金支払いの督促電話を止める3つの方法